預ける荷物の注意点

【ガムテープ】

引越しなどと違って、比較的長期間預けることになるので、時間がたっても接着力の落ちない布製のガムテープを使用するようにしましょう。

タンスの扉を閉めて固定する・コードを束ねる等で使用する場合は、ガムテープを使用すると粘着跡が残ってしまいます。

そういう場合は紐で縛ったり、養生テープを使用するとテープ跡が残りません。

【タンス・机・食器棚など】


必ず中身を出してダンボールなどに詰めて別にして保管します。

引き出しや扉などは養生テープを使ったり、紐で縛るなどしておきましょう。

【雛人形・五月人形・日本人形など】


防虫剤は必ず入れておくようにしましょう。

無臭のものか、人形専用の防虫剤がオススメです。

中の人形が動かないように、緩衝材などを使って固定しておくのがベストです。

【組立家具など】


分解できる組立家具などは、できるだけ分解して収納しましょう。

そのほうがスペースを取りませんので、別のものを入れられます。

その際、ネジとかパーツは無くさないようにビニール袋などに入れてわかるように保管しましょう。

【書籍など】


小さくて丈夫なダンボールに入れて保管します。

大きい箱にすると持ち運べないことがあるので、書籍などは必ず、小さめの丈夫な箱に入れましょう。

書籍は重いのでダンボールを積み重ねて収納する時は、下に置くようにしましょう。

【暖房器具や扇風機など】


石油ストーブや石油ファンヒーターなどは必ず中身の灯油を抜いて保管します。


買った時の箱があれば、その箱に入れて収納しましょう。

箱がない場合はそのままではホコリをかぶってしまうので、ビニール袋などに入れておいたり、かぶせたりしておきましょう。

【衣類など】

プラスチックの衣装ケースなどに入れて防虫剤を入れておくのがオススメです。

防虫剤は直接、いるの上においたりするより、蓋の裏側などにつけておいたほうがいいですね。

稀にですが、レンタルスペースやコンテナなどの場合は、高温になった時に防虫剤が化学変化して、衣類にシミを残す場合もあるからです。

ハンガーボックスなどがあれば、それを使用しても・・・

【布団・座布団など】


布団は洗濯・天日干し・布団乾燥機などの使用で、しっかり余分な水分を除去しておく必要があります。

使ったままの布団をそのまま収納すると、カビの原因になります。

布団や座布団などは布団袋に入れて収納するより、布団圧縮袋を使って収納するのがオススメです。

そのほうが収納スペースが少なくて済みます。

【食器など】


食器も重いので小さく丈夫な箱に入れて収納します。

入れる食器の中でも重い物から下にして入れていきます。

食器は新聞紙等で一つ一つきちんと包んで入れましょう。

隙間が出た場合は、新聞紙を丸めて動かないようにします。

詰め終わった状態で箱の蓋が盛り上がるような詰め方はNGです。

必ず平らになるようにして詰めるのがポイントです。

盛り上がるような詰め方をすると、食器の破損が起こりやすくなります。


アルファトランク





建て替え時の荷物の保管 トランクルームの注意点TOPへ

外為ジャパンを紹介